スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2012.06.18 Monday | スポンサードリンク | - | - |

【取材日記】弱り目に祟り目

 暫定税率の復活によるガソリン価格の再値上げ。4月30日は深夜ぎりぎりまで行列を成したガソリンスタンドも、再値上げ初日の5月1日は閑古鳥というから、消費者の行動は実に分かりやすい。制度の是非はともかく、後期高齢者医療制度もそうだが「値上げ」とか「天引き」という言葉が持つネガティブなイメージも消費者の反感を買う要因の一つになっているようだ。何にしても数十円、数百円を節約する身としては非常に厳しい現実。(N)
2008.05.02 Friday 09:33 | shukanjutaku | comments(0) | - |

身近な宇宙

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)が「JAXA COSMODE PROJECT(ジャクサ コスモード プロジェクト」を立ち上げた。宇宙開発技術を利用して生まれた一般消費者向け商品・サービスにロゴマークを付与するもの。こうした技術は、すでにさまざまな分野で活用されており、建築分野ではロケットの表面に使用された断熱材の技術が導入されている。そう考えると宇宙も身近に感じられる。
2008.05.01 Thursday 09:34 | shukanjutaku | comments(0) | - |

【取材日記】空室リスク

 取材の合間に顔見知りの地場業者を訪ねる。「家主さんからアパート建て替えの相談を受けたんだけど、立地が悪くて採算に合わないんだ。売却を勧めようにも市況は悪いし……」。アパートは築40年の風呂なしで、10室中5部屋が空室。入居者の大半は生活保護世帯らしい。雨漏りが始まったので、家主が建て替えを含めて検討を始めたとのこと。
 「建て替えても6室がせいぜい。空室リスクとローンを考えると、アパート建築は勧められないんだよね」。
 立地が悪いといっても、私鉄の小駅から徒歩5分。アパート供給過多なのか、“地域力”の低下が要因か、少し考えさせられた。(T)
2008.04.23 Wednesday 10:20 | shukanjutaku | comments(0) | - |

【取材日記】取材の合間で

昼の下北沢を歩く。学生の頃は毎週のように通ったが、社会人になってはほとんど行かなくなった。住みたい町の上位に食い込む下北沢だが、地場の賃貸会社の話によると、ここでも入居者が入る物件と入らない物件の優勝劣敗が明確になっているとのこと。特に古いアパートのオーナーは苦労しているという話を聞き意外に思った(TK)
2008.04.22 Tuesday 13:00 | shukanjutaku | comments(0) | - |

【マンション売れ残り】

 マンションの売れ残りが話題になっている。公示地価発表の時は大幅値下げをした東村山市の物件がよく引き合いに出されていた。あの物件に限らず、今の売れ残りは価格が急騰したことが全ての原因だろう。供給側は「資材高騰」「施工費高騰」「地価高騰」を理由に挙げる。それはそのとおりなのだろうが、はっきり言って「便乗値上げ」した物件も多く見たことも事実。これからは、消費者のことを考えない業者は淘汰されるだろう。(八)
2008.04.01 Tuesday 10:19 | shukanjutaku | comments(0) | - |

【取材日記】地方に元気を

 2月の新設住宅着工件数が国交省から公表された。依然、全体の着工戸数は前年実績を割り込んでいる。その厳しい状況の中、三大都市圏の着工戸数は、前年実績を上回った。この結果は、地方圏の着工数が大幅に減少したことを意味する。さて、明日から新年度。政府は、地方再生を重点政策として掲げている。三大都市圏がこの調子で前年を上回り続け、地方の元気が高まれば、言うことなしなのだが。政策の実効が上がることに期待したい。(MY)
2008.03.31 Monday 16:32 | shukanjutaku | comments(0) | - |

【取材日記】「日常」と「非日常」

 子供の頃から、通学・通勤にはJR常磐線を利用してきた。地元で愛着のある路線だけに、荒川沖駅で起こった殺傷事件は本当に他人事ではなく、実家に近い場所でこのような凄惨な事件があったことに慄然とする。日常、その辺をぶらぶら歩いていても通り魔に命を奪われるかもしれない、一瞬にして「非日常」が現実のものとなる恐怖。ありきたりな言葉だが「自分の身は自分で守る」しかないのか。(N)
2008.03.24 Monday 17:52 | shukanjutaku | comments(0) | - |

【取材日記】新築マンション

 自宅の隣に建築中だったマンションが竣工。先月からモデルルームがオープンした。敷地面積が狭く、どんなマンションになるか興味深々だったが、少なくとも外観を見る限りでは窓が少ないのが気になる。当方としては「見られる」ことがない分だけありがたいが、居住者にとってはどうなのか。近々、モデルルームを見て確認したいと思っている。<K>

2008.03.17 Monday 12:44 | shukanjutaku | comments(0) | - |

【取材日記】 副都心線と明治通り

 休日に明治通り(大久保〜東新宿周辺)を歩いた。地下を走る副都心線の開通効果を狙ってか、沿道の開発がすさまじいことになっていた。2、3の狭小ビルが取り壊されて大きな空き地になっている。真っ白なワンルームが林立している。あのあたりはこれからどんどん風景が変わっていくのだろう。個人的に思い入れの深い土地なので少しさびしい(TK)
2008.03.10 Monday 16:52 | shukanjutaku | comments(0) | - |

【取材日記】マンションを「終の棲家」に

 分譲マンションは「終の棲家(ついのすみか)」になり得るのか? 最近、こんなことを考える。
 住み替えができるのなら、何の問題もない。マンションを売却、または賃貸に出し、高専賃や有料老人ホームなどに移ればいいだけだ。選択肢も、年々広がっている。
 ただ、住み替えといっても簡単ではない。住み慣れた地域を離れることに抵抗感を持つ人は多い。また「知らないコミュニティでは外出がおっくうとなり、引っ越しをきっかけに寝たきりに近くなった」という話も聞く。
 マンション共用部分のバリアフリー改修に補助金を出す自治体も増えている。改修提案や、NPOなどと連携した生活支援体制の構築など、マンション管理に携わるものにできることは多い。(T)
2008.03.06 Thursday 17:26 | shukanjutaku | comments(0) | - |
Page: 1/109   >>
週刊住宅オンライン

最新の記事

カテゴリー

携帯対応

携帯電話でもご覧いただけます。

記事の検索

RSS/ATOM

コメント

過去の記事

-->
▲ このページの先頭へ戻る