スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2012.06.18 Monday | スポンサードリンク | - | - |
Entry: main  << >>

【行政書士試験解答特集】 行政書士試験受験生の声を募集しています!

 平成16年度の行政書士試験が終わりました。受験生の皆さん、お疲れ様でした。
 週刊住宅新聞社では、行政書士試験受験生からの声を募集しています。質問は次の4点です。
 (1)行政書士試験は何回目の受験ですか。(2)あなたは試験を難しいと思いましたか。やさしいと思いましたか。(3)どの科目の問題が難しかったですか。(4)その他の感想。
 この記事のコメントにぜひ書き込んでください。

2004.10.25 Monday 12:57 | shukanjutaku | comments(9) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

2012.06.18 Monday 12:57 | スポンサードリンク | - | - |
Comment
(1)1回目
(2)難しいと思いました
(3)一般教養(時事・社会問題)
(4)今回の受験は自己採点でありますが、残念ながら合格点には達しておりません。スクリーングで嶋崎先生に大変お世話になりました。 宜しくお伝えください。
Posted by: 山林 真一 |at: 2004/10/25 5:21 PM
(1)1回目
(2)法令が難しく感じました。教養の難しさは予想の範囲内だったので特に驚きませんでした。
(3)憲法の南九州税理士会の最高裁判例や税法、戸籍法、行政法の記述あたりが難しかったです。
(4)自己採点では教養は足きりは逃れましたが、法令が散々でした。最初のインプットで条文や法の精神を理解しないまま暗記に頼っていたのがいけないのかと思います(特に行政法)。選択肢を2つに絞って迷った挙句、最後の1つの正解を選ぶときにミスしたケースが多々ありました。運に見放されたといえばそうかもしれませんが、条文やその章全体の主旨の理解がしっかりしていれば、試験問題の文言に騙されずに正解できると思います。一般教養は特に社会科学の分野では対策しにくいでしょうが、国の財政やIT関係など、出やすいトピックの傾向はあると思います。また、今年は数学が比較的簡単だったのではないでしょうか。法令の不出来はあまりにもふがいなく、失意のどん底です。かなり多くの時間を割いて取り組んだので、家族や仕事を犠牲にしたつけも大きく、完全に自信を喪失してしまいました。来年受けるにしても一般教養で今年と同じような得点が取れる保障はありません。どうすべきか今かなり悩んでいます。
Posted by: ys |at: 2004/10/26 2:53 AM
(1)初受験です。
(2)法令科目は昨年の過去問より解きやすい問題が多かったので点数は取れたのですが、教養の時事関係の点数が足きりです(・_・、)。
(3)商法等が増えましたね。地方自治法は昨年出題が多かったので相当力を入れて勉強したけどあまり難問は出ませんでした。法令は比較的解きやすい出題が多かったかも。個数的な問題も消去法で解けば何とか解けるし、過去問と基礎をじっくり学習した成果かな?
(4)嶋崎英昭先生のうかるぞシリーズ本とスクーリングの教材で類似問題が結構あったのでマジ助かりましたよ。来年こそは、がんばるぞ!『ビジネス実務法務』の資格は簡単そうだから受験してみようかな…。
Posted by: 初受験 |at: 2004/10/26 10:01 AM
(1)2回目
(2)法令択一式は昨年よりかなり易しかったです。これは地方自治法 の問題が易しくなったためです。記述式は易しいものと正解が考えに くい問題がありました。一般教養は雑学の問題ばかりで、行政書士  の業務に関係ないものばかりなので、試験問題を見ていると飽きてき てしまうものでした。
(3)一般教養問題は勉強内容の当たりはずれが大きく、今回は出題  者の個人趣味的な問題(問49の橋本内閣、 問50の科学技術史、 問53の国の財政)もあったので、難しいと思いました。
(4)法令は判例付の法令集で勉強するのが効果的で、応用力もつい  て来ます。試験問題は条文の規定通りに出ることも多いので、この勉 強方法が有効です。参考書だけでは応用力がつきにくいので複雑な
 問題には太刀打ちできません。
 
その他;法令の正解集では問14については「5」としていますが、行手 法3条1項で、特定の処分と行政指導については2章から4章の規定 は適用されないとしているのであって、5章の届出は適用されるし、も ともと、3条1項に掲げる類型には届出は入っていません。従って選択 肢2も誤りなので、問14の正解は「2」または「5」と思います。

Posted by: |at: 2004/10/28 12:50 AM
(1)1回目です。
(2)難しかったです。
(3)(4)一般教養で点数を稼ぐ予定でしたが、散々な結果でした。商法や民法はできなくても、行政法の分野で失敗しなければ、合格点には達すると思いましたが、ミスばかりしてしまいました。なんせ20年ぶりの試験でしたから。問題5「事実の報道の自由は、表現の自由を規定した憲法25条の保障のもとにある」ことは「十分尊重に値する」という解釈を排除するものなのか、頭が混乱してきました。「違法判断」を「適法判断」、「法令」を「法律」、「教示」を「提示」と間違えました。
 来年がんばります。
Posted by: マルちゃん |at: 2004/10/30 12:31 PM
50代後半の独学者の初受験です。法令はやさしかったと思いますが、模試での得点源だった一般教養で意外にも肢きりになるかどうかの瀬戸際で不安に思いながら発表を待っています。それにしても問43は3でも4でもどちらでもおかしくないと思いますが、出典どおりでないと正解にしないというのはおかしい。問45も各予備校で回答が分かれているようですし、問44も正解が構文上必ずしも1つと言えないのではないか。必ずしも名文とはいえない文章で謎解きをさせられるなんてこの試験はおかしいと思います。法令ならいくら難しくても正解は一つだし、漢字や諺なら間違えたほうが悪いと思いますが・・。
特に問45は原作者に正解を選んで貰うべきだと思います。
色々な試験をこれまで受けてきましたが、今回受けて行政書士試験は
やはりおかしいと思います。そもそも他の国家試験同様問題が持ち寄られたうえで慎重に検討が加えられているのでしょうか?
負け惜しみでなく、常識的にも各予備校の模範解答が食い違うような出題はそもそも変です。
Posted by: MAX |at: 2004/10/31 1:10 PM
(1)3回目
(2)昨年より易、一昨年より難
(3)
(4)問45の解答については、現在までもいろいろと言われていますが、結局はセンター解答待ちという感じですね。問43については、予備校が原文確認して解答が出揃ったのを機に問題視されなくなってきましたが、MAXさんのおっしゃるとおり、原典にあたらなければ確答が出せない問題というのは国家試験として「著しく不適切」と思っています。予備校の当初の解答(原文確認前)ではほとんどが「4」であったことからも、正答はあの問題からは導き出されません。「3」「4」の両方を正解とすべきです。受験生は試験センターに対して、メール等で抗議をすべきと思います!また、当初は「4」で解答速報を出していた大半の予備校も同じく抗議をすべきです。“原文を確認したから”という理由だけで漫然と修正をするという態度には甚だ疑問の残るところです。
Posted by: |at: 2004/11/07 1:19 AM
(1)2回目
(2)昨年より易、一昨年より難
(3)
(4)問45の解答については、現在までもいろいろと言われていますが、結局はセンター解答待ちという感じですね。問43については、予備校が原文確認して解答が出揃ったのを機に問題視されなくなってきましたが、MAXさんのおっしゃるとおり、原典にあたらなければ確答が出せない問題というのは国家試験として「著しく不適切」と思っています。予備校の当初の解答(原文確認前)ではほとんどが「4」であったことからも、正答はあの問題からは導き出されません。「3」「4」の両方を正解とすべきです。受験生は試験センターに対して、メール等で抗議をすべきと思います!また、当初は「4」で解答速報を出していた大半の予備校も同じく抗議をすべきです。“原文を確認したから”という理由だけで漫然と修正をするという態度には甚だ疑問の残るところです。
Posted by: |at: 2004/11/07 1:19 AM
(1)2回目
(2)昨年より易
(3)
(4)問45の解答については、現在までもいろいろと言われていますが、結局はセンター解答待ちという感じですね。問43については、予備校が原文確認して解答が出揃ったのを機に問題視されなくなってきましたが、MAXさんのおっしゃるとおり、原典にあたらなければ確答が出せない問題というのは国家試験として「著しく不適切」と思っています。予備校の当初の解答(原文確認前)ではほとんどが「4」であったことからも、正答はあの問題からは導き出されません。「3」「4」の両方を正解とすべきです。受験生は試験センターに対して、メール等で抗議をすべきと思います!また、当初は「4」で解答速報を出していた大半の予備校も同じく抗議をすべきです。“原文を確認したから”という理由だけで漫然と修正をするという態度には甚だ疑問の残るところです。
Posted by: |at: 2004/11/07 1:20 AM








Trackback

週刊住宅オンライン

最新の記事

カテゴリー

携帯対応

携帯電話でもご覧いただけます。

記事の検索

RSS/ATOM

コメント

過去の記事

-->
▲ このページの先頭へ戻る