スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2012.06.18 Monday | スポンサードリンク | - | - |
Entry: main  << >>

被災者に「仮住まい」提供、建築・不動産事業者が独自プロジェクト

 「仮住まい」で日本をつなげ。東日本巨大地震の被災者にさまざまな形で住まいを提供しようと、関西と首都圏の建築・不動産事業者が独自の取り組みを進めている。

 「仮り住まいの輪」と名づけられたこのプロジェクトは、一時的な住まいを探している被災者と住宅や空きスペースを提供したい個人(または事業者)とをインターネット上で結びつける試み。一般的な賃貸住宅だけでなく、「自宅の空き部屋を3週間貸したい」といった限定的な情報も募る。3月下旬に立ち上げ予定のホームページ上で、ユーザーが直接賃貸(賃借)ニーズを登録する。

 賃借人は、賃貸人が登録した物件に申込めるほか「こんな部屋を借りたい」という希望条件も登録できる。被災地にいる親類を呼び寄せたい利用者が被災者に代わって登録することもできる。賃貸借契約は原則として自己責任に基づいて当事者が交わす。紛争を未然に防ぐための物件掲載ガイドラインや契約のための書類などはホームページに掲出して利用者をサポートする。

 利用者の善意に頼る部分が多いが、ホームページでは賃貸人(賃借人)のプロフィールを充実するなど「ユーザーの顔」が見えるインターフェースを導入することで利用者に安心を訴える。物件情報のほか、物資やサービスなど住宅以外の支援の申し出も登録できるようにする。今後、ツイッターなどのソーシャルメディアで告知し、4月にはホームページへの物件登録をスタートしたい考え。

 「仮り住まいの輪」プロジェクトはアートアンドクラフト(大阪市)の中谷ノボル氏が発起人となって設立。リノベーション住宅推進協議会や住宅・不動産業有志でつくるハ会メンバーなど10社以上が参画している。

 今回の震災では34万戸の被災者用住宅が必要となる見通し。政府は仮設住宅の建設など対応を急いでいるが住宅不足が深刻化する懸念も指摘されている。そのため、同プロジェクト以外にも、賃貸管理会社でつくる団体や不動産オーナーなどが空き物件を提供する動きが広がっている。

「仮り住まいの輪」ツイッター
2011.03.16 Wednesday 17:30 | shukanjutaku | comments(1) | - |

スポンサーサイト

2012.06.18 Monday 17:30 | スポンサードリンク | - | - |
Comment
 神奈川の相模大野不動産、仲介手数料無料で、東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)
被災者移住向け賃貸住宅提供事業を首都圏で開始
http://www.fudosan-toshi.org/shinsai.html

 株式会社相模大野不動産は、東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)被災者の首都圏賃
貸住宅への移住を促進する事業を2011年3月17日より開始しましたので、下記のとおり
お知らせいたします。
事業詳細:http://www.fudosan-toshi.org/shinsai.html

1.「東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)被災者移住向け賃貸住宅提供事業」開始背

 現在、東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)被災者への住宅供給が問題になっていま
すが、被災者が自宅を建て直す場合でも行政の支援は300万円に限られ、自己資金や借
入金を中心とした再建の必要があります。また、勤務先の経営が正常化しなければ、安
定した生活を送るのが難しい被災者が多い現状にあるところ、それにはかなりの時間を
要するものと思われます。そのため、比較的仕事が豊富な東京に移住して再就職する方
法が考えられますが、一般に、賃貸住宅に入居するためには仲介手数料、敷金、礼金、
前家賃、諸経費で賃料の6か月分程度の初期費用が必要になります。
 そこで、弊社では、企業努力と家主の協力により、仲介手数料、敷金、礼金、前家賃
不要で、初期費用をあまり持たない被災者でも入居が可能となる本事業を開始しました


2.「東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)被災者移住向け賃貸住宅提供事業」概要
・運営形態 本やブログの執筆で知名度のある家主石渡浩氏のネットワークを使い、首
都圏に賃貸用住宅を所有する家主の協力を得て、敷金、礼金と契約月及び翌月分賃料(
前家賃)無しで被災者の受け入れをする物件情報の提供を弊社で収集し、一方、被災者
からの入居希望を受け付け、弊社が両者をマッチングして仲介するとともに、入居した
被災者に対して、適切な行政サービス(内閣府の被災者再建支援金、厚生労働省の住宅
手当や職業紹介)が受けられるように助言して、家主に代わり賃貸管理業務を行います


・料金 入居者は仲介手数料無料で、契約の翌々月から家主との賃貸借契約に基づき、
家賃がかかります。家主も仲介手数料無料で、弊社または協力会社が当該貸室の賃貸管
理を受託する場合には、家主に対し、賃貸借契約時に月額賃料の50%、契約の翌々月か
ら月額家賃の5%の管理委託料を課金し、事業運営資金に充てます。

・申込、相談、賃貸住宅情報提供 http://www.fudosan-toshi.org/shinsai.html

3.会社概要
会社名:株式会社相模大野不動産
資本金:400万円
設立:2009年2月
事業内容:賃貸用不動産の売買仲介・賃貸仲介・管理(宅地建物取引業:神奈川県知事
(1)第27089号)

4.本件に対する問い合わせ先
株式会社相模大野不動産 担当:杉山
〒252-0304神奈川県相模原市南区旭町9-3-102
電話 042-851-66667  ファクシミリ 042-851-6664
メール送信フォーム http://www.fudosan-toshi.org/press/contact.html

Posted by: 東北地方太平洋沖地震(東日本大震災) 被災者移住向け賃貸住宅提供事業 |at: 2011/03/16 10:38 PM








週刊住宅オンライン

最新の記事

カテゴリー

携帯対応

携帯電話でもご覧いただけます。

記事の検索

RSS/ATOM

コメント

過去の記事

-->
▲ このページの先頭へ戻る