スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2012.06.18 Monday | スポンサードリンク | - | - |

中国・成都市で約3400戸の大規模住宅開発に着手/三菱地所( 2012年06月12日 )

 三菱地所は、シンガポールのサーバナ社と共同で、中国四川省成都市で約3400戸の住宅を開発する。SPCを通してエクイティ総額の30%を出資し、実需層向けのマンションを供給する。12年末にも着工する。

 成都市は、沿岸部に比べて発展が遅れている内陸部の成長を目指す中国政府が進める西部大開発の拠点の一つ。共同開発するのは市中心部から南東約15キロの龍泉駅区に位置する約7万5000平方メートル。中心部へアクセスする地下鉄の開業や、ホテル・商業・医療機関などの誘致予定もあり住宅地としての成熟が見込まれているという。

 サーバナ社はシンガポール政府系投資会社テマセクが60%出資する不動産デベロッパーで、中国では03年以降に複数の大規模プロジェクトを手掛けている。実需層をターゲットに緑や水、オープンスペースを取り入れたランドスケープデザインを行い、併せて商業施設や教育機関を誘致して付加価値を高める手法を得意とし、今回のプロジェクトも同様の手法を採用する。

 三菱地所にとっての中国事業は、瀋陽アウトレットなどに次いで4弾目。今後も欧米での不動産開発・賃貸事業に加えてアジアでの事業を進める考えで、サーバナ社とは長期的なパートナーシップの構築を図る。
2012.06.12 Tuesday 17:05 | shukanjutaku | - | - |

野村不アーバン調査/不動産投資「良かったと思う」が68.4%( 2012年06月12日 )

 野村不動産アーバンネットが6月12日に発表した「不動産投資に関する意識調査(第4回)」によれば、投資をして「良かったと思う」が68.4%で、「後悔している」が4.4%だった。「どちらとも言えない」は27.1%。5月22〜27日に投資用不動産サイト「ノムコム・プロ」の会員を対象にインターネットで実施し、749人から有効回答を得た。

 投資のメリットについては、「安定した副収入が得られる」が56.5%と最も多く、次いで「資産形成が図れる」(45.8%)、「老後の安心につながる」(43.4%)だった。物件所有者に今後の展望について聞いたところ、「物件買い増しを検討したい」が55.7%と最も多く、「買いかえを検討したい」(26%)「保有し続けたい」(13.2%)と続いた。4割以上が総投資額1億円以上だと回答した。

 投資用物件を「買い時だと思う」のは49.5%で、「間もなく買い時が来る」の29.2%を合わせると8割近くが現状のマーケットを買い時だと回答した。

 1年後の不動産価格の予測については「上がる」が前回調査より2.6ポイント低下して13.9%、「横ばいで推移する」が同0.3ポイント低下の51.9%、「下がる」が2.8ポイント上昇の34.2%だった。
2012.06.12 Tuesday 15:10 | shukanjutaku | - | - |

三井不動産リアルティ/全国売買仲介3万6071件で26年連続トップ( 2012年06月12日 )

 三井不動産リアルティは6月12日、全国での売買仲介の取扱件数が26年連続でトップを達成したと発表した。「三井のリハウス」を中心とする三井不動産リアルティネットワークでの2011年度の実績は3万6071件と10年度に引き続き過去最高の取扱高を更新した。東日本大震災の影響で首都圏での取扱件数が前年をやや下回ったものの、出店強化を図った関西圏や地方エリアがけん引した。
2012.06.12 Tuesday 12:32 | shukanjutaku | - | - |

東日本レインズ/中古住宅の価格下落傾向も、土地価格は上昇傾向( 2012年06月12日 )

 東日本不動産流通機構(東日本レインズ)が6月11日に発表した首都圏の5月の流通市場動向によると、中古マンションの成約価格が2カ月連続で下落し、中古戸建住宅も成約価格が5カ月ぶりに下落した。ただ土地価格は大幅に上昇している。

 中古マンションの成約数は2353件となり、東日本大震災のあった前年同月比で4.5%増えたものの、一昨年5月比では6.7%減少している。都県別では神奈川県が3カ月ぶりに前年同月を下回った。首都圏の1平方メートル当たりの成約単価は37.64万円(前年同月比3.2%下落、前月比2.0%下落)で、平均の成約価格は2499万円(同3.2%下落、同2.8%下落)だった。新規の登録件数は、前年同月に比べて4.7%増えて1万4859件と26カ月連続で前年同月を上回った。ただ増加率は大幅に縮小しており、新規登録でも価格が再び下落傾向にある。

 中古戸建ての成約数は前年同月比6.2%増加の904件だった。10年5月比では1.6%減った。都県別で見ると埼玉県のみ前年を下回った。平均の成約価格は2879万円(前年同月比4.1%下落、前月比4.1%下落)と5カ月ぶりに落ち込んだ。新規登録は前年同月に比べて6.4%増えて5438件と14カ月連続で前年同月を上回ったものの増加率は縮小。価格は大きく落ち込んでいる。

 土地取引は、成約数が442件(前年同月比3.8%増)と10カ月連続で前年同月を上回った。東京都と埼玉県が増加、千葉・神奈川の両県が減少した。土地の成約価格は、単価が前月比9.7%、平均価格が同11.7%とともに大幅上昇となった。
2012.06.12 Tuesday 11:48 | shukanjutaku | - | - |

障がいのある子どもたちの絵画コンクール作品募集/三菱地所( 2012年06月12日 )

 三菱地所は、障がいのある子どもたちの絵画コンクール「11回キラキラっとアートコンクール」の作品を7月2日から9月21日まで募集する。文科省などが後援する。

 障がい者のアート作品約3200点をストックする社会福祉法人東京コロニーアートビリティの協力を得て02年にスタートした絵画コンクール。何らかの障がいのある18歳までが応募可能で、児童美術教育研究家の高森俊氏ら審査員が選出した優秀賞50作品は全国6会場で展示会を開く。
 ホームページ(http://www.kira-art.jp)では全応募作品を公開する。前回は過去最多の1550作品の応募があった。
2012.06.12 Tuesday 11:47 | shukanjutaku | - | - |

ハウスプラザ/足立区竹の塚にカフェ風店舗開設( 2012年06月12日 )

 東京の城東エリアを中心に不動産仲介事業を展開するハウスプラザ(東京都足立区)は今月に入り8拠点目となる「ハウスプラザ竹の塚店」を竹ノ塚駅東口から9分の立地に開設した。従来の店舗とは趣きが違うカフェの装いで、店内ではドリンクメニューも用意する。消費者は、キッズルームを併設した応接室で不動産取引の流れや物件の説明を受けることができ、スタッフ10人を配して地域事情や住宅ローン、税金関連など消費者の疑問に応える。

 住所は足立区竹の塚5-1-1。火・水が定休日。営業時間は8時30分から20時まで。電話03・5856・7408
2012.06.12 Tuesday 10:53 | shukanjutaku | - | - |

センチュリー21/プライバシーマーク更新4回目認定( 2012年06月12日 )

 センチュリー21・ジャパンは6月5日、一般財団法人日本情報経済社会推進協会からプライバシーマーク更新の認定を受けた。有効期限は2014年4月17日まで。06年4月に同マークを取得して以降、今回で4回目の認定になる。
2012.06.12 Tuesday 10:51 | shukanjutaku | - | - |

興和不動産と新日鉄都市開発、10月合併を正式決定( 2012年06月12日 )

 興和不動産と新日鉄都市開発は11日、興和不動産を存続会社とする合併により経営統合することで最終合意した。両社の株主総会での承認後、10月1日付で合併する。

 3月26日に統合基本契約を結び、協議を続けていた。新会社の名称は「新日鉄興和不動産」。オフィスビル事業に強みを持つ興和不動産と、マンション事業や再開発などを中心とした新日鉄都市開発が経営統合することで、賃貸と開発を主軸とした事業ポートフォリオを形成し、総合デベロッパーとして安定した成長を目指す。

 新会社の社長には興和不の成川哲夫社長が就任する予定。本社は興和不の本社所在地である東京・南青山に置く。単純合計した両社の売上高は約1500億円(11年度)。
2012.06.12 Tuesday 10:50 | shukanjutaku | - | - |

積水化学、環境性能に優れた戸建商品発売

 積水化学工業住宅カンパニーは主に建て替え層を対象にする戸建商品「Newパルフェ」を7月2に発売する。大容量太陽光発電システム、ホーム・エネルギー・マネジメントシステム、定置型大容量リチウムイオン蓄電池を搭載したスマートハウス仕様に加え、省エネ性が高い温水暖房便座や浴槽保温ふた、LED照明で節電効果を高める。その他設備でも、必要洗浄水量の少ない便器やキッチン・洗面の自動水栓化など細やかな節水配慮を行い、水道代まで含めた光熱費ゼロを目指す。
2012.06.11 Monday 16:47 | shukanjutaku | - | - |

積水化学、環境性能に優れた戸建商品発売

 積水化学工業住宅カンパニーは主に建て替え層を対象にする戸建商品「Newパルフェ」を7月2に発売する。大容量太陽光発電システム、ホーム・エネルギー・マネジメントシステム、定置型大容量リチウムイオン蓄電池を搭載したスマートハウス仕様に加え、省エネ性が高い温水暖房便座や浴槽保温ふた、LED照明で節電効果を高める。その他設備でも、必要洗浄水量の少ない便器やキッチン・洗面の自動水栓化など細やかな節水配慮を行い、水道代まで含めた光熱費ゼロを目指す。
2012.06.11 Monday 16:47 | shukanjutaku | - | - |
Page: 2/513  << >>
週刊住宅オンライン

最新の記事

カテゴリー

携帯対応

携帯電話でもご覧いただけます。

記事の検索

RSS/ATOM

コメント

過去の記事

-->
▲ このページの先頭へ戻る